お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 施薬寺 (京都府与謝野町) 与謝蕪村ゆかりの寺

<<   作成日時 : 2010/07/28 16:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

京都府与謝野町滝にある施薬寺は、飛鳥時代に大江山鬼退治伝説の
麻呂子親王(聖徳太子の弟)が開創したと伝承されるが、詳細は不詳
である。
麻呂子親王は鬼退治後、七仏薬師如来を祀る七ヶ寺を丹後に開創した
と伝承されている。

与謝蕪村の母の出生地が与謝野町であることから、蕪村は一時
施薬寺に逗留したと言われている。
その時詠んだ句:夏河を越すうれしさよ手に草履
また、その時描いた<方士求不死薬図>屏風が施薬寺に残っている。

(1)寺名:施薬寺(せやくじ) (2)住所:京都府与謝野町滝1369
(3)山号:大師山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:麻呂子親王 (6)開創:不詳 (7)本尊:薬師如来
(8)その他
1)町指定文化財仏像
  薬師如来坐像:室町時代 像高40cm
  愛染明王坐像:室町時代 像高70cm
2)方士求不死薬図屏風:府指定文化財 与謝蕪村筆 1754〜56年

画像
                       本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

施薬寺 (京都府与謝野町) 与謝蕪村ゆかりの寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる