お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 光忠寺 (京都府亀岡市) 丹波亀山藩藩主・形原松平家の菩提寺

<<   作成日時 : 2010/07/20 09:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

京都府亀岡市にある光忠寺は、1487年愛知県蒲郡市に形原松平三代・
信光の子供の菩提を弔うために、二代・貞副によって開創されている。
その後、形原松平家は転々と藩を移り、1649年丹波篠山へ移った際、
光忠寺も篠山に移っている。
1748年丹波亀山藩(亀岡)に移ると同時に、光忠寺も1749年に亀岡の
現在地に移っている。

形原松平氏は三河松平の系統で、家門大名の地位にある。

(1)寺名:光忠寺(こうちゅうじ) (2)住所:京都府亀岡市北古世町2−14−1
(3)山号:宝林山 (4)宗派:浄土宗
(5)開山:秀誉上人 (6)開基:松平貞副
(7)開創:1487年 (8)本尊:阿弥陀如来
(9)その他
1)形原松平家の墓所

画像
                     山門と本堂

画像
                    形原松平家墓所

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

光忠寺 (京都府亀岡市) 丹波亀山藩藩主・形原松平家の菩提寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる