お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 東光寺 (岐阜県山県市) 3000坪の境内が庭園風

<<   作成日時 : 2010/06/07 08:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

岐阜県山県市小倉にある東光寺は、1501年華翁頼舜の支援を受けて
希雲和尚が東陽英朝を開山に迎えて創建されている。
東陽英朝は大徳寺や妙心寺の住持を務めた高僧で、岐阜県の少林寺
を開創している。
明治24年の地震でほとんどの堂宇を失い、その後再建され今日の伽藍
を成している。

3000坪の境内には杉苔が植生され、伽藍と木々の配置など境内全体
が庭園風の風景を生み出している。
また、ドウダンツツジの季節(紅葉時:秋)は紅に彩られ一層華やかな
風景となるようだ。

(1)寺名:東光寺(とうこうじ) (2)住所:岐阜県山県市小倉618−41
(3)山号:富士山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)勧請開山:東陽英朝 (6)創建:希雲楚見
(7)開創:1501年 (8)本尊:聖観音

画像
                       参道

画像
                       山門

画像
                       境内

画像
                       境内

画像
                       境内

画像
                       本堂

画像
                       庫裡

画像
                      薬師堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

東光寺 (岐阜県山県市) 3000坪の境内が庭園風 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる