お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 称名寺 (京都府宇治市東笠取) <重文>梵鐘

<<   作成日時 : 2010/03/29 09:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

宇治市の最北東に位置する東笠取の山里にある称名寺は、1331年
円性上人によって開創されたと伝えられている。
その後衰退したが、1676年玄順上人によって再興されている。

1210年の銘がある梵鐘は、全国で在銘21番目の古鐘であり、
宇治市では平等院の<国宝>梵鐘に次いでの古鐘である。
この山里であるが故にこれだけの古鐘が残ったのであろう。

府指定天然記念物のニホンナシは倒木され現在は残念ながら
その姿を見ることができない。

称名寺は岩間山の西中腹にあるが、山頂には西国三十三所観音霊場の
岩間寺がある。

(1)寺名:称名寺(しょうみょうじ) (2)住所:京都府宇治市東笠取谷ノ奥35
(3)山号:紅葉山 (4)宗派:真宗仏光寺派
(5)開山:円性上人 (6)開創:1331年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)釈迦如来坐像:市指定文化財 藤原時代 像高89cm
2)梵鐘:重要文化財 1210年
3)ニホンナシ:旧府指定天然記念物 倒木でその姿なし

画像
                       全景

画像
                       山里

画像
                       鐘楼

画像
                    <重文>梵鐘

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

称名寺 (京都府宇治市東笠取) <重文>梵鐘 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる