お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 西福寺 (奈良県奈良市奈良阪町) 多数の重要文化財仏像

<<   作成日時 : 2010/02/09 09:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

奈良県奈良市の奈良坂にある西福寺は、貞観年間(859〜876年)に
慈覚大師円仁によって開創されたと伝えられているが詳細は不詳である。
1604年に弁誉上人によって再興されている。

重要文化財に指定されている6体の仏像はどれも藤原時代の作で、
これらの仏像が西福寺に伝来するのはどうしてだろうか。

(1)寺名:西福寺(さいふくじ) (2)住所:奈良県奈良市奈良阪町2403
(3)山号:迎接山 (4)宗派:浄土宗
(5)開基:慈覚大師円仁 (6)開創:859〜876年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)重要文化財の仏像
  本尊阿弥陀如来立像:藤原時代 像高96cm
  薬師如来坐像:12世紀 像高87cm
  毘沙門天立像:藤原時代 像高97cm
  不動明王立像:藤原時代 像高97cm
  釈迦如来坐像:12世紀 像高87cm
  阿弥陀如来坐像:12世紀 像高88cm
 
画像
                       山門

画像
                       本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

西福寺 (奈良県奈良市奈良阪町) 多数の重要文化財仏像 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる