お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 志摩国分寺 (三重県志摩市) 

<<   作成日時 : 2009/12/13 09:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

三重県志摩市国府にある志摩国分寺は、741年聖武天皇の詔により
全国66ヶ国、68ヶ所に国家安泰・人民安寧を願って建立された国分寺
の一つである。
その後、盛衰を経て室町時代には兵火により焼失したが、1836年
7年余の歳月を掛けて再建されている。
国分寺址の発掘調査は行われていないが、奈良時代の瓦が出土して
おり、ほぼ現在地が旧国分寺の址地と考えられている。

静けさに囲まれた境内にはかっての七堂伽藍の面影はないが、
奈良時代を想像する雰囲気はある。
5月8日に催される花まつりは盛大なものと言われている。

(1)寺名:志摩国分寺<正式名:国分寺>
(2)住所:三重県志摩市阿児町国府3476
(3)山号:護国山 (4)宗派:天台宗
(5)開基:聖武天皇 (6)開創:奈良時代 (7)本尊:薬師如来
(8)その他
1)本尊薬師如来坐像:県指定文化財 1507年 像高194cm
2)境内:県指定史跡
3)花まつり:5月8日

画像
                       山門

画像
                       本堂

画像
                      誕生仏

画像
                     世継地蔵尊

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

志摩国分寺 (三重県志摩市)  お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる