お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 油山寺 (静岡県袋井市) 遠州三山 自然に包まれる境内

<<   作成日時 : 2011/01/31 14:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

静岡県袋井市の北にある油山寺は、701年行基によって開創
されたと伝えられ、孝謙天皇が749年当山の<るりの滝>の
水で眼病が全快したと伝えられることから<目の霊山>として
信仰を集めている。
山腹に沿って境内が広がり、本堂に至る参道は濃い緑に
覆われ、紅葉の名所とも言われている。

古い堂塔と自然の静けさは身と心が洗濯される思いになる。

遠州三山:油山寺、法多山尊永寺、可睡斎

(1)寺名:油山寺(ゆさんじ)<通称:あぶらやま>
(2)住所:静岡県袋井市村松1
(3)山号:医王山 (4)宗派:真言宗智山派
(5)開基:行基 (6)開創:701年 (7)本尊:薬師如来
(8)その他
1)主な伽藍
  山門:重要文化財 1659年 掛川城大手門二之門を1873年移築
  三重塔:重要文化財 1611年 高さ24m
  本堂:県指定文化財 1738年再建
    本堂内厨子:重要文化財 室町時代末期
  書院:県指定文化財 1699年 横須賀城書院を1859年移築
  方丈:県指定文化財 1764年 代官屋敷を1881年移築
2)御霊杉:県指定天然記念物 弘法大師ゆかりの木 幹が松で枝葉が杉
3)天狗杉根:元は天然記念物で樹齢千年以上といわれた
4)紅葉の名所

画像
                    <重文>山門

画像
                      御霊杉

画像
                       参道

画像
                    宝生殿(祈祷所)

画像
                       書院

画像
                       方丈

画像
                       参道

画像
                      るりの滝

画像
                   <重文>三重塔

画像
                       本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

油山寺 (静岡県袋井市) 遠州三山 自然に包まれる境内 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる