お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 伝香寺 (奈良県奈良市) 

<<   作成日時 : 2009/09/09 09:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

奈良市の市街地にある伝香寺は、771年に開創されたと伝わるが
詳細は不詳である。1585年<洞ヶ峠の日和見>で知られる
戦国武将の筒井順慶の母芳秀尼によって再興され、順慶の
菩提寺となった。
<重文>本堂はその当時建立されている。

境内の椿は<散り椿>と呼ばれ、奈良の三名椿(東大寺開山堂
の糊こぼし、白毫寺の五色椿)の一つに数えられている。

(1)寺名:伝香寺(でんこうじ) (2)住所:奈良県奈良市小川町24
(3)山号:なし (4)宗派:律宗
(5)開山:思託律師 (6)開創:771年 (7)本尊:釈迦如来
(8)その他
1)伽藍
  本堂:重要文化財 1585年
  山門:県指定文化財 桃山時代 
2)仏像
  地蔵菩薩立像:重要文化財 1228年頃 像高98cm 裸形
  聖徳太子立像:県指定文化財 1304年
  本尊釈迦如来坐像:市指定文化財 1585年
3)その他文化財
  筒井順慶画像:市指定文化財 桃山時代

画像
                       山門

画像
                    <重文>本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

伝香寺 (奈良県奈良市)  お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる