お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 林昌寺 (大阪府泉南市) ツツジ庭園

<<   作成日時 : 2009/08/31 10:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

大阪府泉南市の愛宕山(90m)山腹に広がる林昌寺は、
天平年間(729〜748年)に聖武天皇の勅願により行基が開創したと
伝えられている。
泉州における弘法大師信仰の中心地で、別名岡大師とよばれている。
堀河天皇(在位1086〜1107年)が熊野詣での途次この寺に立ち寄った
時の山つつじが見事であった歌が残っていて、これ以来山号を躑躅山とし、
寺号を林昌寺としたと伝える。
1577年兵火により全焼したが、1641年再興されている。

(1)寺名:林昌寺(りんしょうじ) (2)住所:大阪府泉南市信達岡中395
(3)山号:躑躅山 (4)宗派:真言宗御室派
(5)開基:行基 (6)開創:729〜748年 (7)本尊:如意輪観音
(8)その他
1)法林の庭:ヒドラツツジの庭園 1961年 重森三玲作
2)銅鐸:重要美術品 境内出土
3)仏足石

画像
                       境内

画像
                       山門

画像
                       本堂

画像
                      法林の庭

画像
                     弘法大師像

画像
                      薬師堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

林昌寺 (大阪府泉南市) ツツジ庭園 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる