お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 光明寺 (兵庫県加東市) 

<<   作成日時 : 2009/08/01 09:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

兵庫県加東市の五峰山(258m)山頂にある光明寺は、
播磨高野と呼ばれる真言宗の名刹で、594年伝説上のインド僧法道仙人
によって開創されたと伝えられている。
実際は、平安時代になっての創建と考えられている。
1351年の足利尊氏と足利直義の光明寺合戦の舞台となり、本陣跡も
再現されている。
往時は大寺であったと想像できる気配が漂う山腹に沿った境内である。

(1)寺名:光明寺(こうみょうじ) (2)住所:兵庫県加東市光明寺433
(3)山号:五峰山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:法道仙人 (6)開創:594年 (7)本尊:千手観音
(8)その他
1)新西国三十三ヶ所観音霊場第28番
2)本堂:国登録文化財 1925年
3)銅造如来坐像:重要文化財 平安時代中期 像高24cm
4)紅葉

画像
                       参道

画像
                      仁王門

画像
                      常行堂

画像
                       本堂

画像
                      遍照院

画像
                   光明寺合戦本陣跡

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

光明寺 (兵庫県加東市)  お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる