お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 正楽寺 (岡山県備前市) 中国三十三観音霊場第3番

<<   作成日時 : 2009/07/02 08:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

岡山県備前市の蕃山にある正楽寺は、749年報恩大師による開創と
伝えられる古刹で、江戸時代には岡山藩主池田家の祈願所となり、
陽明学者の熊沢蕃山が一時隠棲した地であり、現在の地名は熊沢
蕃山から来ている。
山門は日光の陽明門を模して造られたとも言われ、その彫刻は
見るべきものがある。
静かな境内と伽藍の配置の妙がお寺の風格を造っている。

(1)寺名:正楽寺(しょうらくじ) (2)住所:岡山県備前市蕃山1305
(3)山号:日光山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開山:報恩大師 (6)開創:749年 (7)本尊:十一面観音
(8)その他
1)中国三十三観音霊場第3番
2)市指定文化財の伽藍
  本堂:1711年
  山門:1817年
  鐘楼:1715年
  客殿・玄関:1715年
3)その他文化財
  四座講式4巻:重要文化財 1215年
  白衣観音像(画):県指定文化財 室町時代

画像
                       山門

画像
                       境内

画像
                  本堂(中央)大師堂(右)

画像
                       鐘楼

画像
                客殿(左)玄関(中)庫裡(右)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

正楽寺 (岡山県備前市) 中国三十三観音霊場第3番 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる