お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 醍醐寺 (京都府福知山市) 足利尊氏の創建

<<   作成日時 : 2009/07/27 08:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

京都府福知山市の烏ヶ岳(537m)山麓にある醍醐寺は、
1341年足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うために三光国師を
開山に迎えて開創したと伝えられる禅寺である。
三光国師(孤峰覚明)(1271〜1361年)に帰依していた足利尊氏は、
三光国師が福知山の庵我村に住している時に、近くの現在地に
迎えて創建したと伝えている。

太い木々に囲まれ静寂の境内からは福知山市街地が一望できる。
また、烏ヶ岳・鬼ヶ城への登山口にもなっている。

(1)寺名:醍醐寺(だいごじ) (2)住所:京都府福知山市猪崎1
(3)山号:木塔山 (4)宗派:臨済宗南禅寺派
(5)開山:三光国師 (6)開基:足利尊氏
(7)開創:1341年 (8)本尊:薬師如来
(9)その他
1)市指定文化財
  本尊薬師如来座像:1571年 康正作 像高82cm
  三光国師像(画):室町時代 伝土佐光信筆
  醍醐寺額下書:室町時代 足利義教筆
2)梵鐘:市指定重要資料
3)半僧坊大権現が祀られている

画像
                       参道

画像
                       山門

画像
                       境内

画像
                    境内からの眺望

画像
                       本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

醍醐寺 (京都府福知山市) 足利尊氏の創建 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる