お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 遍照寺 (岡山県笠岡市) <重文>多宝塔

<<   作成日時 : 2009/06/27 14:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

岡山県笠岡市にある遍照寺は、弘法大師空海によって笠岡市にある石槌山の
北麓吉田に開創されたと伝えられ、1331年地元の豪族陶山義高が笠岡の
中心地(中央町)に移して再興し、陶山氏の祈願所とした。
その後、応仁の乱以降陶山氏が没落するのに合わせて遍照寺も衰退した。
江戸時代初期、小堀遠州の支援を受けて再興され、1606年<重文>多宝塔が
建立されている。
1977年都市計画により、多宝塔を残して寺は西の浜へ移転した。

多宝塔とシダレイチョウの木は児童公園の中に保存されているが、
いつかの時点で西の浜へ移転されるかもしれない。

(1)寺名:遍照寺(へんじょうじ) (2)住所:岡山県笠岡市笠岡5930
(3)山号:光明山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:弘法大師空海 (6)開創:不詳
(7)中興:陶山義高 1331年 (8)本尊:五大明王
(9)その他
1)文化財
  多宝塔:重要文化財 1606年 高さ15m 笠岡市中央町にある
  梵鐘:県指定文化財 1432年 仁王門に吊るされている
2)シダレイチョウの木:市指定天然記念物 推定樹齢400年 中央町にある

画像
                    <重文>多宝塔

画像
                    <重文>多宝塔

画像
                     シダレイチョウの木

画像
                      仁王門

画像
                       梵鐘

画像
                      仁王像

画像
                       本堂

画像
                      笠岡港

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

遍照寺 (岡山県笠岡市) <重文>多宝塔 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる