お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 東光寺 (兵庫県三木市吉川町) <重文>本堂

<<   作成日時 : 2009/03/07 09:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

兵庫県三木市吉川町の中国自動車道吉川JC近くにある東光寺は、
神亀年間(724〜728年)に行基によって開創されたと伝わる古刹
である。
<重文>本堂は室町時代中期の寄棟・本瓦葺の落ち着いた雰囲気を
漂わせ、その裏に建つ多宝塔は同じく室町時代中期建立で兵庫県文化財
に指定されている。
境内には桜の老木が残り、見ごたえのある花を咲かせるといわれている。

(1)寺名:東光寺(とうこうじ)<別名:小屋寺> 
(2)住所:兵庫県三木市吉川町福吉261
(3)山号:姑射山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:行基 (6)開創:724〜728年 (7)本尊:地蔵菩薩
(8)その他
1)主な伽藍
  本堂:重要文化財 室町時代中期
  多宝塔:県指定文化財 室町時代中期 高さ13m
2)梵鐘:市指定文化財 1601年

画像
                       境内

画像
                    <重文>本堂

画像
                      多宝塔

画像
                       鐘楼

画像
                     弘法大師像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

東光寺 (兵庫県三木市吉川町) <重文>本堂 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる