お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 南明寺 (奈良県奈良市) <重文>本堂

<<   作成日時 : 2009/03/02 08:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

奈良県奈良市の柳生街道沿いにある南明寺は、771年開創とも
言われているが詳細はわからない。
<重文>本堂が鎌倉時代後期の建立であり、境内にある十三重石塔や
宝篋印塔も鎌倉時代後期のものであるが、仏像は藤原時代の作であり、
古刹ではある。

(1)寺名:南明寺(なんみょうじ) (2)住所:奈良県奈良市阪原町1005
(3)山号:医王山 (4)宗派:真言宗御室派
(5)開創:不詳(771年の説もある) (6)本尊:薬師如来
(7)その他
1)本堂:重要文化財 鎌倉時代後期
2)重要文化財仏像
  本尊薬師如来坐像:11世紀 像高84cm
  釈迦如来坐像:11世紀 像高145cm
  阿弥陀如来坐像:11世紀 像高139cm
3)石造物
  十三重石塔:鎌倉時代後期 高さ340cm
  宝篋印塔:鎌倉時代後期 高さ108cm

画像
                    <重文>本堂

画像
                    <重文>本堂

画像
                    <重文>本堂

画像
                     十三重石塔

画像
                      宝篋印塔

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

南明寺 (奈良県奈良市) <重文>本堂 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる