お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 新知恩院 (滋賀県大津市) 知恩院の疎開本山

<<   作成日時 : 2009/03/13 13:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

滋賀県大津市比叡山系の北麓にある新知恩院は、
応仁の乱(1467〜1477年)で1468年知恩院が火災に遭い
その時の22世周誉上人は法然上人の御影を始め寺宝を大津の
伊香立に移し、新知恩院を建立して避難した。
1478年戦火も治まり、京都へ戻り知恩院の復興が行われている。
この11年間は本山が新知恩院に疎開した歴史を記している。

(1)寺名:新知恩院(しんちおんいん) 
(2)住所:滋賀県大津市伊香立下在地町1160
(3)山号:大谷山 (4)浄土宗
(5)開基:周誉上人 (6)開創:1468年 (7)本尊:法然上人御影
(8)その他
1)文化財
  阿弥陀如来二十五菩薩来迎図:重要文化財 鎌倉時代
  六道絵:重要文化財 中国南宋時代
  十六羅漢図:市指定文化財 南北朝時代

画像
                       山門

画像
                       境内

画像
                       本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

新知恩院 (滋賀県大津市) 知恩院の疎開本山 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる