お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 称名寺 (奈良県奈良市) 茶の湯の開祖村田珠光ゆかりの寺

<<   作成日時 : 2009/02/23 10:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

奈良県奈良市の称名寺は、1265年興福寺の学僧専英・琳英が京都三鈷寺の
澄忍上人とともに常行念仏の道場として開創された。
室町時代茶の湯の開祖といわれる村田珠光(1423〜1502年)が11歳の時
称名寺に入り出家している。
<侘び茶の茶の湯は村田珠光から武野紹鴎〜千利休へと継承され利休に
よって確立された>

お寺は何度か火災に遭い、規模も小さくなり1802年本堂と茶席のみが
再建され今日に至っている。

(1)寺名:称名寺(しょうみょうじ) (2)住所:奈良県奈良市菖蒲池町7
(3)山号:日輪山 (4)宗派:西山浄土宗
(5)開山:専英・琳英・澄忍上人 (6)開創:1265年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)重要文化財仏像
  阿弥陀如来坐像:12世紀前半 像高86cm
  釈迦如来坐像:11世紀後半 像高88cm
  薬師如来立像:11世紀後半 像高165cm
  地蔵菩薩立像:10世紀末 像高57cm
  増長天立像:11世紀末 像高102cm
2)千体地蔵尊1900体:1558年松永久秀が多聞城の城壁に用いたといわれる

画像
                       山門

画像
                       本堂

画像
                      千体地蔵

画像
                      地蔵尊

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

称名寺 (奈良県奈良市) 茶の湯の開祖村田珠光ゆかりの寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる