お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 元山上千光寺<千光寺>(奈良県平群町) 役行者ゆかりの寺

<<   作成日時 : 2009/02/14 10:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

奈良県平群町の生駒山系中腹にある千光寺は、660年頃役行者(役小角)
が草堂を築き、684年千光寺の寺号を勅願により受けたと伝えられている。
役行者はここから大峯山に入ったことから、後に千光寺を元山上と呼ぶ
ようになったといわれている。
現在、体験修行を行うことができ、多くの老若男女が住職との対話も含めて
心を癒し、磨いておられる新聞記事を読んだことがある。

(1)寺名:元山上千光寺(もとさんじょうせんこうじ)<正式名:千光寺>
(2)住所:奈良県平群町鳴川188
(3)山号:鳴川山 (4)宗派:真言宗醍醐派
(5)開山:役行者(役小角) (6)開創:660年頃 (7)本尊:千手観音
(8)その他
1)役行者霊跡
2)文化財
  梵鐘:県指定文化財 1225年
  役行者・前鬼・後鬼像:町指定文化財 鎌倉時代後期
  十三重石塔:町指定文化財 鎌倉時代後期 高さ417cm
  石造宝塔:町指定文化財 鎌倉時代前期
3)ユースホステルを経営

画像
                       遠景

画像
                       山門

画像
                       石像

画像
                      役行者像

画像
                      母公堂
                  <役行者の母を祀る>

画像
                      観音堂

画像
                     十三重石塔

画像
                      行者堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

元山上千光寺<千光寺>(奈良県平群町) 役行者ゆかりの寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる