お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 浄国寺(和歌山県海南市) 黒江塗の里にある黒江御坊

<<   作成日時 : 2009/01/30 10:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

和歌山県海南市黒江は紀州漆器・黒江塗の産地として知られているが、
その山手にある浄国寺は1532年浄土真宗の紀州道場として開創され、
一時は布教の拠点となった。
この頃には黒江塗が始まっており、江戸時代には大いに栄えた。
黒江塗は日本四大漆器(会津塗、山中塗、輪島塗、黒江塗)の一つに
数えられる。

(1)寺名:浄国寺(じょうこくじ)<通称:黒江御坊> 
(2)住所:和歌山県海南市黒江976
(3)山号:天王山 (4)宗派:浄土真宗本願寺派
(5)開山・開基:不詳 (6)開創:1532年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)庭園:枯山水庭園 非公開(漆器まつり期間中2日間特別公開)
2)クスの木:推定樹齢600年

画像
                       参道
           <石垣から推定樹齢600年のクスの木>

画像
                       山門

画像
                       境内

画像
                       本堂

画像
                      クスの木

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

浄国寺(和歌山県海南市) 黒江塗の里にある黒江御坊 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる