お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 施無畏寺 (和歌山県湯浅町) 明恵上人ゆかりの寺

<<   作成日時 : 2009/01/23 11:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

和歌山県湯浅町の湯浅湾に面した白上山の中腹にある施無畏寺は、
京都高山寺を開いた明恵上人の従兄弟である藤原景基が明恵上人が
修行した白上山の中腹に1231年開創し、上人を開山として寄進された
お寺であり、落慶法要には上人も参向している。
(<重文>施無畏寺寄進状に記述)

境内からは湯浅湾が一望でき、桜の名所にもなっている。

(1)寺名:施無畏寺(せむいじ) (2)住所:和歌山県湯浅町栖原1465
(3)山号:補陀洛山 (4)宗派:真言宗御室派
(5)開山:明恵上人 (6)開基:藤原景基
(7)開創:1231年 (8)本尊:千手観音
(9)その他
1)県指定文化財の伽藍
  本堂(観音堂):1686年
  開山堂:1655年
  鐘楼、鎮守社:江戸時代中期
2)その他文化財
  施入状:重要文化財 1233年
  置文:重要文化財 1231年
  明恵紀州遺跡卒塔婆:国指定史跡 
  宝篋印塔:県指定文化財 1351年
  その他多くの文化財がある。

画像
                  お寺の本坊と湯浅湾

画像
                       山門

画像
                       本堂

画像
                      開山堂

画像
                       鐘楼

画像
                      鎮守社

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

施無畏寺 (和歌山県湯浅町) 明恵上人ゆかりの寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる