お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 天球院 (京都市右京区) 妙心寺塔頭

<<   作成日時 : 2009/01/18 12:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

京都市右京区にある妙心寺には46ヶ寺の塔頭があり、その一つ
天球院は姫路初代藩主池田輝政の妹天久院殿(1568〜1636年)が
、三代藩主池田光政の支援を得、江山景巴を開山に迎えて自らの
菩提寺として1631年に創建された。

<重文>方丈(本堂)の<重文>障壁画は狩野山楽・山雪親子の
代表作といわれ、創建当時の豪華絢爛さを今に伝えている。

天球院は通常非公開で、数年に一度特別公開がある。

(1)寺名:天球院(てんきゅういん) (2)住所:京都市右京区花園妙心寺町46
(3)宗派:臨済宗妙心寺派大本山妙心寺塔頭
(4)開山:江山景巴 (5)開基:天久院殿、池田光政
(6)開創:1631年 (7)本尊:?
(8)その他
1)岡山・鳥取藩主池田家の菩提寺
2)方丈(本堂)と玄関:重要文化財 1631〜44年 柿葺
3)方丈障壁画152面:重要文化財 狩野山楽・山雪筆(主に山雪)
4)法華経陀羅尼品:重要文化財 1325年 藤原宣房筆

画像
                       表門

画像
                       境内

画像
                    <重文>玄関

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

天球院 (京都市右京区) 妙心寺塔頭 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる