お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 衡梅院(京都市右京区) 妙心寺塔頭

<<   作成日時 : 2009/01/16 17:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

京都市右京区にある妙心寺には46ヶ寺の塔頭があり、その一つの
衡梅院は、1480年室町幕府の管領細川政元が妙心寺の中興開山と
いわれる雪江宗深を開山として創建した。
雪江宗深は応仁の乱後、荒廃した妙心寺を再興し、<米銭納下帳>
という帳簿を作成し財政面からの再建を図った。これが<妙心寺の算盤づら>
と呼ばれる遠因になっている。
また、4人の弟子は妙心寺四派の祖となって妙心寺の興隆に寄与した。
この四派の祖と源となった雪江禅師を<四河一源>と呼んでいる。

衡梅院は通常非公開であるが、2009年1月10日〜3月18日の
期間だけ特別公開を行っていた。

妙心寺とその塔頭クリック参照

(1)寺名:衡梅院(こうばいいん) (2)住所:京都市右京区花園妙心寺町66
(3)宗派:臨済宗妙心寺派大本山妙心寺塔頭
(4)開山:雪江宗深 (5)開基:細川政元
(6)開創:1480年 (7)本尊:雪江禅師像
(8)その他
1)雪江宗深の塔所(墓所)
2)方丈(本堂):重要文化財 1604年
3)方丈襖絵:大岡春朴筆 江戸時代中期
4)四河一源の庭:枯山水庭園
5)梵鐘:重要美術品
6)茶室:長法庵

画像
                       表門

画像
                       庫裡

画像
                   <重文>方丈(本堂)

画像
                   <重文>方丈(本堂)

画像
                      茶室長法庵

画像
                       庭園

画像
                       庭園

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

衡梅院(京都市右京区) 妙心寺塔頭 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる