お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 大心院 (京都市右京区) 妙心寺塔頭

<<   作成日時 : 2009/01/13 10:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

京都市右京区にある妙心寺には46ヶ寺の塔頭があり、その一つ
大心院は1479年細川政元が妙心寺第10世景川宗隆を開山に迎えて、
相国寺の西に創建し、後に細川幽斎が妙心寺山内に移して再興した。

細川政元(1466〜1507年)は室町幕府の管領で、細川京兆家の
当主であるが、実子がなく3人の養子を迎えたが、家督争いになり
家臣に暗殺され、その後京兆家は衰退した。
細川幽斎(1534〜1610年)は同じ細川氏の傍流であったが、
織田信長の武将として活躍しその子孫は大名として明治維新まで続いた。

妙心寺とその塔頭参照

(1)大心院(だいしんいん) (2)住所:京都市右京区花園妙心寺町57
(3)宗派:臨済宗妙心寺派大本山妙心寺塔頭
(4)開山:景川宗隆 (5)開基:細川政元
(6)開創:1479年 (7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)本堂、書院、霊屋、表門:府指定文化財
2)羅漢像(画):重要文化財 中国宋時代
3)庭園:阿吽の庭など 中根金作作庭 1565年
4)通常公開
5)宿坊あり

画像
                       表門

画像
                      庫裡前庭

画像
                      本堂(方丈)

画像
                      本堂前庭

画像
                      阿吽庭

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

大心院 (京都市右京区) 妙心寺塔頭 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる