お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 天皇寺 <高照院>(香川県坂出市) 四国八十八ヶ所第79番

<<   作成日時 : 2009/01/12 09:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

香川県坂出市にある天皇寺は、810〜824年に弘法大師空海が
十一面観音を本尊として堂を建てたのに始まると伝えられている。
当初は妙成就寺と称していた。
その後、保元の乱で敗れた崇徳上皇が坂出に配流となり、1164年
この地で亡くなり、亡骸は白峰山に葬られ(白峯御陵)、霊は妙成就寺
の境内に崇徳天皇社が建てられ祀られた。
それ以降、妙成就寺は別当寺となり、神仏一体の霊場であった。
明治維新の神仏分離により、妙成就寺は廃寺となり、天皇社は白峰宮
となったが、その後末寺の高照院が移り、高照院天皇寺となった。
なお、明治天皇が崇徳上皇の霊を、京都に白峯神宮を建立し移している。

(1)寺名:天皇寺 (2)住所:香川県坂出市西庄町八十場1713−2
(3)山号:金華山 (4)宗派:真言宗御室派
(5)開基:弘法大師空海 (6)開創:810〜824年 (7)本尊:十一面観音
(8)その他
1)四国八十八ヶ所霊場第79番
2)八十場の霊水

画像
                      鳥居門

画像
                       本堂

画像
                      大師堂

画像
                      地蔵尊

画像
                      白峰宮

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

天皇寺 <高照院>(香川県坂出市) 四国八十八ヶ所第79番 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる