お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS  来迎寺(三重県松阪市) <重文>本堂

<<   作成日時 : 2008/08/11 12:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

来迎寺は1500年代前半に松阪市松ヶ島に、北畠氏によって開創
され、1588年蒲生氏郷による松阪城築城にともなって現在地に
移転した。
長らく三井家の菩提寺であったが、1700年頃京都の真如堂に
菩提寺は移っている。

三重県のお寺クリック参照

(1)寺名:来迎寺 (2)住所:三重県松阪市白粉町512
(3)山号:教主山 (4)宗派:天台真盛宗
(5)開基:北畠氏 (6)開創:1504〜1521年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)主な伽藍
  本堂:重要文化財 1731年
  裏門:市指定文化財 1625年
  鐘楼門:1821年
2)真盛自筆消息(手紙):県指定文化財 1494年
3)炎の祭典:9月28日 元三大師会式

画像
                      鐘楼門

画像
                       境内

画像
                    <重文>本堂

画像
                    <重文>本堂

画像
                       裏門

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

 来迎寺(三重県松阪市) <重文>本堂 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる