お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 福生寺<大滝山>(岡山県備前市) <重文>三重塔

<<   作成日時 : 2008/09/30 16:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

熊山(508m)山塊の中腹にある福生寺は754年鑑真和上によって
開創されたと伝わる古刹であるが、現在は福生寺そのものは無く、
塔頭の実相院、福寿院、西法院によって運営・管理されていて、
全体を大滝山と呼んでいる。
平安時代初期の史料には828年の存在が記されており、また
足利幕府の庇護も受けた大寺であったようだ。

(1)寺名:福生寺(ふくしょうじ)<通称:大滝山>
(2)住所:岡山県備前市大内964
(3)山号:大滝山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:鑑真和上 (6)開創:754年 (7)本尊:千手観音
(8)その他
1)主な伽藍
  本堂:県指定文化財 1682年
  三重塔:重要文化財 1441年
  仁王門:県指定文化財 1398年
  大師堂:市指定文化財 1682年
2)鉄眼版一切経:市指定文化財

画像
                      仁王門

画像
                       本堂

画像
                       本堂

画像
                   <重文>三重塔

画像
                   <重文>三重塔

画像
                      大師堂

画像
                       経蔵

画像
                      実相院

画像
                      福寿院

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

福生寺<大滝山>(岡山県備前市) <重文>三重塔 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる