お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 岩湧寺(大阪府河内長野市) <重文>多宝塔

<<   作成日時 : 2008/09/29 14:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

岩湧山(898m)の中腹、老杉林に包まれた境内に本堂と多宝塔だけが
佇む風景は、まさしく山中の修行寺を想わせる。
この辺りはハイキングコースにもなっていて、以外と人影を見られる。

(1)寺名:岩湧寺(いわわきじ) (2)住所:大阪府河内長野市加賀田3228
(3)山号:湧出山 (4)宗派:融通念仏宗
(5)開山:役行者 (6)開創:701〜704年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)伽藍
  本堂:市指定文化財 江戸時代初期
  多宝塔:重文 室町時代後期 高さ13m
2)主な仏像
  大日如来坐像:重文 藤原時代 像高89cm
  愛染明王坐像:市指定文化財 鎌倉時代 像高59cm
3)岩湧山:府指定名勝 推定樹齢400年の杉林

画像
                   <重文>多宝塔

画像
                   <重文>多宝塔

画像
                  <重文>多宝塔と老杉

画像
                       本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

岩湧寺(大阪府河内長野市) <重文>多宝塔 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる