お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 弘仁寺(奈良県奈良市) <重文>明星菩薩立像

<<   作成日時 : 2008/09/25 12:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

弘仁寺の<重文>明星菩薩立像は平安時代初期の造像で、
地蔵菩薩ともいわれているが、一般には明星菩薩で知られている。
弘法大師空海が室戸岬の御厨人窟で明星の来影を感得して
<求聞持の法>を成就したと伝えられ、明星信仰が始まったと
いわれている。その仏像が明星菩薩といわれている。

弘仁寺は嵯峨天皇の勅願により、弘法大師空海(一説には小野篁)
によって開創されたと伝わる。
山辺北道の虚空蔵山中腹にある境内はあくまで静寂を保ち、明星信仰の
匂いが漂っている。

(1)寺名:弘仁寺(こうにんじ) (2)住所:奈良県奈良市虚空蔵町46
(3)山号:虚空蔵山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:弘法大師空海 (6)開創:814年 (7)本尊:虚空蔵菩薩
(8)その他
1)主な伽藍
  本堂:県指定文化財 1629年(1600年代末の説あり)
  明星堂:江戸時代前期
2)主な仏像
  明星菩薩立像:重文 平安時代初期 像高131cm
  四天王立像:重文 藤原時代
3)算額:市指定 1827年と1858年の2枚
4)十三まいり:4月13日

画像
                       境内

画像
                       境内

画像
                      高麗門

画像
                       本堂

画像
                       本堂

画像
                      明星堂

画像
                       庫裡

画像
                       算額

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

弘仁寺(奈良県奈良市) <重文>明星菩薩立像 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる