お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 臍帯寺(岡山県高梁市) <重文>保月六面石幢

<<   作成日時 : 2008/09/13 22:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

高梁市有漢にある<保月の塔>と呼ばれる<重文>六面石幢と
<重文>石造板碑は共に鎌倉時代の名工井野行恒の作で、1306年と
1305年の銘が入っている。
特に、六面石幢は銘のある石幢で最古のものといわれ、また美しい
形をしている名品である。

臍帯寺(ほそおじ)は数キロm離れたところにあるお寺で、これらの
石塔を管理している。
臍帯寺はもと<細尾寺>であったが、安産祈願の信仰が篤いことから
名前を臍帯寺と改名したそうだ。

<岡山県のお寺>参照

(1)寺名:臍帯寺(ほそおじ) (2)住所:岡山県高梁市有漢町上有漢940
(3)山号:広大山 (4)宗派:真言宗大覚寺派
(5)開創:不詳 (6)本尊:聖観音
(7)その他
1)六面石幢:重文 1306年 井野行恒作 高さ263cm
2)石造板碑:重文 1305年 井野行恒作 高さ315cm

画像
                       全景

画像
                   <重文>六面石幢

画像
                   <重文>六面石幢

画像
                   <重文>石造板碑

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

臍帯寺(岡山県高梁市) <重文>保月六面石幢 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる