お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 石山寺(滋賀県大津市) 日本最古の<国宝>多宝塔

<<   作成日時 : 2008/08/31 13:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

日本の数ある多宝塔の中で、最古で最も美しい多宝塔が石山寺の
<国宝>多宝塔である。
1194年源頼朝による建立と伝えられる多宝塔には快慶作の
<重文>大日如来坐像が本尊として祀られ、四天柱には仏画が
描かれている。

石山寺は747年良弁(東大寺初代別当)によって開創された名刹で、
平安時代には多くの文学作品にも登場し、特に紫式部が1004年
石山寺を参籠した折に源氏物語の着想を得たといわれている。

石山寺は兵火に遭うこともなく、伽藍を始めとして多くの文化財が
残されている。

<2008年10月新たに蓮如堂、御影堂、経蔵、三十八所権現堂が
 重要文化財に指定される>


<石山寺 その1 その2参照

石山寺 紅葉の風景クリック参照

滋賀県大津市のお寺をクリック参照

(1)寺名:石山寺(いしやまでら)
(2)住所:滋賀県大津市石山寺1−1−1
(3)山号:石光山 (4)宗派:東寺真言宗
(5)開基:良弁 (6)開創:747年 (7)本尊:如意輪観音
(8)その他
1)西国三十三所観音霊場第13番
2)主な伽藍
  本堂:国宝 1096年 舞台造 紫式部源氏の間がある
  多宝塔:国宝 1194年 高さ17m 日本最古
  東大門:重文 1190年であるが桃山時代に大修理
  鐘楼:重文 鎌倉時代後期 袴腰
  御影堂:重文 室町時代中期
  三十八所権現堂:重文 1596〜1615年
  蓮如堂:重文 1602年
  経蔵:重文 16世紀後半
  毘沙門堂:県指定 1773年
3)石造物
  宝篋印塔:重文 鎌倉時代 亀谷禅尼の供養塔
  宝篋印塔:鎌倉時代 源頼朝供養塔
  三重宝篋印塔:鎌倉時代
  石造宝塔:鎌倉時代 
4)珪灰石:国指定天然記念物
5)主な重文仏像
  本尊如意輪観音半跏像:1094年頃 像高294cm
  大日如来坐像:1194年 快慶作 多宝塔 像高102cm
  など他に10躯
6)他の文化財
  史記 巻第九十六、九十七残巻:国宝
  など他に国宝9件
  梵鐘:重文 平安時代
  など多数の重文

画像
                 <国宝>多宝塔と珪灰石

画像
                      芭蕉句碑
               <石山の石にたばしる霰かな> 

画像
                    <重文>東大門 

画像
                    <重文>東大門

画像
                       参道

画像
                      大湯屋

画像
                       参道

画像
                      毘沙門堂

画像
                   <重文>御影堂

画像
                   <重文>蓮如堂

画像
                    <国宝>本堂

画像
                    <国宝>本堂

画像
                    本堂源氏の間

画像
                <重文>三十八所権現社

画像
                    三重宝篋印塔

画像
                   <重文>宝篋印塔

画像
                    <重文>鐘楼

画像
                    <国宝>多宝塔

画像
                    <国宝>多宝塔

画像
                      月見亭

画像
                      心経堂

画像
                       光堂

画像
                      紫式部像

画像
                     庭園無憂園

画像
                      閼伽井屋

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

石山寺(滋賀県大津市) 日本最古の<国宝>多宝塔 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる