お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 本能寺(京都市中京区) 本能寺の変

<<   作成日時 : 2008/08/02 20:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

本能寺は1415年、油小路高辻と五条坊門の間に創建されたが、
火災などにより、移転・再建を繰り返し、1548年四条西洞院・油小路の
(現在地名元本能寺南町一帯)広大な寺地に伽藍を再建した。
この本能寺が<1582年本能寺の変>発生のお寺で、築地塀・石垣・水掘
が周囲に廻らせてあった。
織田信長が上洛の折は本能寺が宿所になっていたことから、城塞形式の
構造になっていたのであろう。

1582年本能寺の変で全焼し、1587年豊臣秀吉の命で現在地へ
移転・再建された。

(1)寺名:本能寺 
(2)住所:京都市中京区寺町通御池下ル下本能寺前町522
(3)山号:なし (4)宗派:法華宗本門流
(5)開山:日隆上人 (6)開創:1415年 (7)本尊:十界曼荼羅
(8)その他
1)織田信長廟
2)伝藤原行成筆書巻:国宝
3)浦上玉堂父子の墓:江戸時代後期の南画家

画像
                       山門

画像
                       境内

画像
                       本堂

画像
                     織田信長廟

画像
                     日蓮上人像

画像
                    浦上玉堂父子墓

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

本能寺(京都市中京区) 本能寺の変 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる