お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 円隆寺(京都府舞鶴市) <重文>三体本尊

<<   作成日時 : 2008/07/02 11:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

西舞鶴の愛宕山麓にある円隆寺は江戸時代大いに栄え、観光地としても
全国から参詣者が多く訪れたといわれている。
現在の舞鶴は赤レンガの街として観光地になっているが、舞鶴でも
最も古いレンガが残っているのも円隆寺である。
明治22年(1889年)に造られた大師堂参道の敷石がそのレンガである。
 
円隆寺の三体仏像(阿弥陀如来、釈迦如来、薬師如来)は11世紀の仏像で
三体一体で重要文化財に指定されている。
特に、中尊の阿弥陀如来座像は仏師定朝の作ではないかと伝えられ、
別名<丹後大仏>とも呼ばれている。

京都丹後のお寺をクリック参照

(1)寺名:円隆寺(えんりゅうじ) (2)住所:京都府舞鶴市引土72
(3)山号:慈恵山 (4)宗派:真言宗御室派
(5)開基:行基 (6)開創:720年頃 
(7)本尊:阿弥陀如来、釈迦如来、薬師如来
(8)その他
1)主な伽藍(府指定文化財)
  本堂:1786年  多宝塔:1751年 高さ15m
  鐘楼:1760年  総門:1753年  鎮守堂:1737年
2)重文仏像
  阿弥陀如来座像:11世紀 定朝様 像高227cm
  釈迦如来坐像:11世紀 153cm 
  薬師如来坐像:11世紀 156cm
  不動明王立像:藤原時代
  毘沙門天立像:鎌倉時代

画像
                       総門

画像
                       参道

画像
                      大師堂
          <手前の敷石レンガは舞鶴で最古のレンガ>

画像
                       本堂

画像
                      多宝塔

画像
                      多宝塔

画像
                       鐘楼

画像
                      鎮守堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

円隆寺(京都府舞鶴市) <重文>三体本尊 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる