お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 興国寺(和歌山県由良町) 虚無僧尺八発祥のお寺

<<   作成日時 : 2008/07/10 10:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

尺八は7世紀頃雅楽尺八として使われていたが、今日のような尺八の
起源は13世紀に興国寺の開山法燈国師が中国から連れてきた4人の
僧(虚無僧)による禅と結びついた尺八が普及していったのが始まりと
いわれる。この禅宗を普化宗といい、もっぱら虚無僧だけが尺八を
使っての修行としていた。
明治時代以降、日本の伝統楽器として一般に普及し、今日に至って
いる。
興国寺には尺八道場があり、その歴史を伝えている。

また、法燈国師は味噌・醤油を伝え、特に湯浅を中心に有名な
径山寺(きんざんじ)味噌の起源は興国寺なのである。

興国寺は山里にあって、典型的な禅寺の風景を持ち、一方で
火祭りや天狗信仰の庶民信仰も強いお寺である。
私の好きなお寺のひとつである。

(1)寺名:興国寺(こうこくじ) (2)住所:和歌山県由良町門前801
(3)山号:鷲峰山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開山:法燈国師 (6)開基:藤原願性
(7)開創:1227年 (8)本尊:釈迦牟尼
(9)その他
1)藤原願性が源実朝の菩提を弔うために創建
2)法燈国師坐像:重文 1286年
3)灯籠焼:8月15日 火祭り
4)天狗祭り:成人の日
5)虚無僧の本山
6)書院庭園:池泉回遊式庭園

画像
                       法堂

画像
                    総門(境内入口)

画像
                       参道

画像
                       山門

画像
                       境内

画像
                       法堂

画像
                      開山堂

画像
                      天狗堂

画像
                       浴室

画像
                       玄関

画像
                     源実朝供養塔

画像
                       書院

画像
                      書院庭園

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

興国寺(和歌山県由良町) 虚無僧尺八発祥のお寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる