お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 新長谷寺<吉田観音>(岐阜県関市) 美濃の法隆寺

<<   作成日時 : 2008/06/19 21:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

美濃の法隆寺と呼ばれる新長谷寺には室町時代の伽藍が並び、
その風景はちょっとした魅力がある。
二度目の訪れであるが、相変わらず閉鎖的な雰囲気が漂い
ジックリ探索できずに引き上げた。

岐阜県のお寺をクリック参照

(1)寺名:新長谷寺(しんちょうこくじ)<通称:吉田観音(きったかんのん)>
(2)住所:岐阜県関市長谷寺町1 (3)山号:吉田山
(4)宗派:真言宗智山派 (5)開山:護忍上人
(6)開創:1222年 (7)本尊:十一面観音
(8)その他
1)重文伽藍
  本堂:1460年  三重塔:1463年 高さ20m
  阿弥陀堂:1572年  釈迦堂:1572年  薬師堂:1572年
  鎮守堂:1572年  大師堂:1572年  客殿:1660年
2)重文仏像
  本尊十一面観音立像:鎌倉時代
  阿弥陀如来立像:鎌倉時代
3)客殿庭園:苔の枯山水庭園

画像
                      仁王門

画像
                      仁王門

画像
                   <重文>三重塔

画像
                       境内

画像
                    <重文>本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

新長谷寺<吉田観音>(岐阜県関市) 美濃の法隆寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる