お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 大仙寺(岐阜県八百津町) 宮本武蔵ゆかりのお寺

<<   作成日時 : 2008/06/19 11:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今から400年前、剣の修行中であった宮本武蔵は京都大徳寺の沢庵和尚に
ついて禅の修行も行っていたが、沢庵和尚が晩年を迎え美濃の大仙寺へ
行くことを薦め、武蔵は大仙寺の愚堂国師について修行したと伝えられている。
その時の武蔵が坐禅をしたといわれる石が残っている。

また、美濃三道場(永保寺正眼寺、大仙寺)といわれ妙心寺派別格地として
栄えた経歴を持つ。江戸時代この地に移転して以来大きな災禍にも
遭わず数多くの文化財が残っている。

岐阜県のお寺をクリック参照

(1)寺名:大仙寺 (2)住所:岐阜県八百津町八百津4345−1
(3)山号:臨滹山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開山:如幻尼 (6)開創:1461年
(7)実質開山:東陽禅師 1510年 (8)中興:愚堂国師 1630年
(9)本尊:釈迦牟尼
(10)その他
1)美濃三道場であった
2)縄文土器、チャンバ香炉など県指定文化財多数
3)主な伽藍
  本堂:1636年 惣門:1679年 山門:1752年 地蔵堂:1649年

画像
                       惣門

画像
                       参道

画像
                       外観

画像
                    宮本武蔵坐禅石

画像
                       山門

画像
                       庫裡

画像
                       境内

画像
                       本堂

画像
                       眺望

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

大仙寺(岐阜県八百津町) 宮本武蔵ゆかりのお寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる