お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 退蔵院(京都市右京区) <名勝>枯山水庭園と現代庭園

<<   作成日時 : 2008/06/14 14:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

妙心寺塔頭の退蔵院は通常公開の数少ない塔頭のひとつである。
なんといっても二つの庭園が見どころであり、一つは狩野元信の作庭と
伝わる枯山水庭園で襖絵の延長上に庭園を設計したといわれている。

もうひとつは、1966年代表的な近代作庭家の一人中根金作による
池泉回遊式庭園である。
趣の全く異なる庭園を十分満喫できるお寺である。

それに、日本の初期水墨画の代表作<国宝>瓢鮎図(ひょうねんず)
であろう。雪舟が師と仰いだ水墨画の先駆者如拙の作で、禅画として
の問答絵になっている。

(1)寺名:退蔵院 (2)住所:京都市右京区花園妙心寺町35
(3)山号:なし (4)宗派:臨済宗妙心寺派(妙心寺塔頭)
(5)開山:無因宗因 (6)開基:波多野重通
(7)開創:1404年 (8)本尊:聖観音
(9)その他
1)主な伽藍
  方丈(本堂):重文 1602年 檜皮葺
  方丈玄関:重文 1602年
2)庭園
  元信の庭:名勝 枯山水庭園 狩野元信作といわれる
  余香苑:池泉回遊式庭園 中根金作
3)文化財
  瓢鮎図:国宝 如拙筆 室町時代
  その他3件:重文

画像
                       表門

画像
                       庫裡

画像
                  <重文>方丈玄関

画像
                    <重文>方丈

画像
                    <重文>方丈

画像
                      元信の庭

画像
                      余香苑

画像
                      余香苑

画像
                      余香苑

画像
                   <国宝>瓢鮎図
                  <図録よりコピー>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

退蔵院(京都市右京区) <名勝>枯山水庭園と現代庭園 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる