お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 壬生寺(京都市中京区) 新撰組ゆかりのお寺

<<   作成日時 : 2008/06/09 22:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

壬生寺は新撰組最初の屯所が置かれたところで、近くには屯所跡の
八木邸や前川邸がある。
境内には新撰組隊士の墓(壬生塚)や近藤勇の胸像などがある。
新撰組ファンが観光に訪れ、壬生塚は人気スポットになっている。

一方、壬生寺には重要無形民俗文化財に指定されている伝統的な
行事があり、京都の伝統文化を護っている。
@壬生狂言(大念仏狂言):京都三大狂言<壬生寺、清涼寺、千本閻魔堂>
        1300年に円覚上人が始めた伝統行事 節分・4月・10月
A壬生六斎念仏踊り:平安時代に空也上人が始めた踊念仏が起源で、
            その後郷土芸能として受け継がれている
            8月下旬の盂蘭盆に行われる。

残念なことに、1962年放火で本堂や本尊などの貴重な魂が焼失し、
特に、本尊地蔵菩薩は地蔵信仰の要であり、仏像彫刻的にも
<壬生寺式地蔵>として貴重な仏像であった。
現在の本尊地蔵菩薩は唐招提寺から迎えられた。

(1)寺名:壬生寺(みぶでら)<正式名:宝幢三昧寺>
(2)住所:京都市中京区壬生梛ノ宮町31(坊城通仏光寺上ル)
(3)山号:なし (4)宗派:律宗大本山
(5)開山:快賢 (6)開創:991年 (7)中興:円覚上人 1300年
(8)本尊:地蔵菩薩
(9)その他
1)主な伽藍
  大念仏堂:重文 1856年 壬生狂言の舞台
  本堂:1970年再建
  表門:1799年
  鐘楼:1851年
2)その他文化財
  本尊地蔵菩薩立像:重文 唐招提寺から移坐
  五仏錫杖:重文 藤原時代
  列仙図屏風:重文 長谷川等伯筆
3)庭園:池泉鑑賞式 本堂裏
4)塔頭・中院:洛陽三十三所観音霊場第28番 十一面観音
         壬生寺の唯一残る塔頭

画像
                    表門(高麗門)

画像
                   境内から見た表門

画像
                   表門から見た境内

画像
                     一夜天神堂

画像
                      阿弥陀堂

画像
                      壬生塚

画像
                     近藤勇胸像

画像
                    近藤勇遺髪塚

画像
                     夜泣き地蔵

画像
                       本堂

画像
                   <重文>大念仏堂

画像
                       中院

画像
                      千体仏塔

画像
                       鐘楼

画像
                       庭園

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

壬生寺(京都市中京区) 新撰組ゆかりのお寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる