お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 延暦寺(滋賀県大津市) その6 酒井大阿闍梨の住房がある飯室谷

<<   作成日時 : 2008/06/06 13:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

横川から琵琶湖へ下りた比叡山山麓にある飯室谷は、第19代天台座主
慈忍和尚(尋禅)が989年に開いたところで、不動堂がその中核となっている。

この飯室不動堂には現在、千日回峯行を2度達成された酒井大阿闍梨が
住職としておられ、飯室不動堂の整備を行われ、今も精力的に活動しておられる。

酒井大阿闍梨は
@1926年大阪で出生
A1966年40歳で得度し、延暦寺に入る
B1980年1回目の千日回峯行を達成
C1987年2回目の千日回峯行を達成
  2回の達成者は、47人の達成者の内3人のみである。

<延暦寺 その1その2その3その4その5参照

画像
                       参道

画像
                     慈忍和尚像

画像
                       不動堂

画像
                       千手堂

画像
                       護摩堂

画像
                       弁天堂

画像
                       鐘楼

画像
                       魚板

画像
                       不動滝

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

延暦寺(滋賀県大津市) その6 酒井大阿闍梨の住房がある飯室谷 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる