お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 延暦寺(滋賀県大津市) その4 西塔の伽藍

<<   作成日時 : 2008/06/05 22:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

西塔(さいとう)は東塔(とうどう)から北西に1.5kmほど離れた静寂の空気が
漂う拝観者も少ない地域である。
最澄の高弟円澄(天台座主第2世)が開創したところで、釈迦堂(転法輪堂)を
始めとして延暦寺の中では古い建物が多い。
瑠璃堂は織田信長の焼討ちで唯一残ったといわれる建物である。

また、一般の人が修行できる居士林もある。

主な伽藍など
(1)釈迦堂(転法輪堂):重文 1347年 信長の焼討ち後、1595年秀吉が強制的に
              三井寺の金堂を移築したもの。
          本尊:<重文>釈迦如来立像 鎌倉時代 清涼寺式釈迦如来
(2)常行堂・法華堂:重文 1595年 対で<にない堂>と呼ばれる
(3)瑠璃堂:重文 室町時代後期 織田信長の焼討ちで唯一残った
(4)黒谷青龍寺:法然が修行した地
(5)恵亮堂:京都の妙法院を創建した恵亮を祀る堂
(6)椿堂:聖徳太子が椿の杖を挿して、それが大きな木になった地
(7)相輪橖:重文 1895年 経典を納めた仏塔
(8)弥勒石仏:平安時代後期 延暦寺最古の石仏

<延暦寺 その1その2その3その5その6参照

画像
                     参道入口

画像
                   西塔境内案内図

画像
                     弁財天社

画像
                       椿堂

画像
                   <重文>にない堂
                <左が常行堂・右が法華堂>

画像
                   <重文>にない堂

画像
                    <重文>常行堂

画像
                    <重文>法華堂

画像
                       恵亮堂

画像
                    <重文>釈迦堂

画像
                    <重文>釈迦堂

画像
                    <重文>釈迦堂

画像
                  <重文>釈迦堂の内部

画像
                        鐘楼

画像
                       居士林

画像
                    <重文>瑠璃堂

画像
                    <重文>相輪橖

画像
                       弥勒石仏

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

延暦寺(滋賀県大津市) その4 西塔の伽藍 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる