お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 道明寺(大阪府藤井寺市) 菅原道真ゆかりの尼寺

<<   作成日時 : 2008/05/31 21:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

901年大宰府に赴く途次、土師寺(道真死後に道真の号をとって道明寺となる)
にいた伯母の覚寿尼を訪れ
<啼けばこそ別れもうけれ鶏の音の鳴からむ里の暁もかな>と残して
別れを惜しんだといわれている。

土師寺は豪族土師氏の氏寺で、菅原道真は土師氏の子孫にあたる。
道明寺は江戸時代末期まで、隣にある道明寺天満宮の境内にあって
神仏習合の寺であったが、明治の神仏分離によって現在の地に移転した。

本尊の<国宝>十一面観音立像は藤原時代の檀像彫刻で、日本の
国宝十一面観音像7躯のひとつであり、毎月18、25日に開帳されている。

お寺の境内は掃除が完璧で、心が清々しくなる。

(1)寺名:道明寺(どうみょうじ) (2)住所:大阪府藤井寺市道明寺1−14−31
(3)山号:蓮土山 (4)宗派:真言宗御室派 (5)開山:了祥尼
(6)開基:土師八嶋 (7)開創:600年代半 (8)本尊:十一面観音
(9)その他
1)仏像
  本尊十一面観音立像:国宝 藤原時代 檀像様 木心乾漆 像高99cm
  十一面観音立像:重文 伝菅原道真作 50cm
  聖徳太子立像:重文 鎌倉時代 孝養像 106cm
2)道明寺糒:覚寿尼が始めたもので、もち米を蒸した後乾燥させて粉にしたもの

画像
                       山門

画像
                       境内

画像
                      地蔵尊

画像
                      護摩堂

画像
                      大師堂

画像
                     十一面観音

画像
                       本堂

画像
                       本坊

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

道明寺(大阪府藤井寺市) 菅原道真ゆかりの尼寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる