お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 叡福寺(大阪府太子町) 聖徳太子が眠るお寺

<<   作成日時 : 2008/05/27 20:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

聖徳太子と母の穴穂部間人、妃の膳部太郎女が眠ると伝えられている
叡福寺北古墳(宮内庁管理)を護るのが叡福寺である。
聖徳太子の御廟を護る目的で、聖武天皇が724年建立した後も
弘法大師空海、親鸞、日蓮なども参籠し、聖徳太子信仰の聖蹟となっている。

現在の伽藍は、信長の兵火にあっての後豊臣秀頼による再興であるが、
太子廟を護る精神が生きた寺格を漂わせている。

叡福寺は、野中寺<中之太子>・大聖将軍寺<下之太子>とともに
<河内三太子>の一つとして<上之太子>と呼ばれている。

(1)寺名:叡福寺 (2)住所:大阪府太子町太子2146
(3)山号:磯長山(しながさん) (4)宗派:真言宗系単立
(5)開基:聖武天皇 (6)開創:724年 (7)本尊:如意輪観音
(8)その他
1)新西国三十三ヵ所観音霊場客番
2)主な伽藍
  聖霊殿:重要文化財 1603年
  多宝塔:重要文化財 1652年 高さ18m
  金堂:府指定文化財 1732年
  鐘楼:府指定文化財 1600年代
  南大門:1958年
  二天門:1688年
3)良忍の墓:融通念仏宗の宗祖

画像
                       遠景

画像
                       南大門

画像
                       仁王像

画像
                       境内

画像
                   <重文>多宝塔

画像
                   <重文>多宝塔

画像
                       金堂

画像
                       金堂

画像
                   <重文>聖霊殿

画像
                    聖徳太子御廟へ

画像
                       二天門

画像
                     聖徳太子御廟

画像
                     聖徳太子御廟

画像
                       御廟門

画像
                      上の御堂

画像
                       浄土堂

画像
                       鐘楼

画像
                   見真大師(親鸞)堂

画像
                     弘法大師堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

叡福寺(大阪府太子町) 聖徳太子が眠るお寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる