お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 久安寺(大阪府池田市) 住職の努力で変貌する花の寺

<<   作成日時 : 2008/05/27 09:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

725年開創と伝えられる古刹であるが、現在の住職(女性)がこつこつと
努力され、花木の植栽・庭園の整備など広大な境内が実に巧く変化に富み、
四季を通じて緑の木々と花の織りなすハーモニーが境内全体に漂っている。

心を清め、癒しを頂戴するお寺の理念がまさしく実現されている。
これぞ<現代社会におけるお寺>のひとつである。

重要文化財に指定されている楼門の美しさがお寺全体の美しさの
象徴になっているようだ。

(1)寺名:久安寺(きゅうあんじ) (2)住所:大阪府池田市伏尾町697
(3)山号:大沢山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:行基 (6)開創:725年 (7)中興:賢実上人 1145年
(8)本尊:千手観音
(9)その他
1)楼門:重要文化財 室町時代中期
2)阿弥陀如来座像:重要文化財 藤原時代
3)西国薬師霊場第18番、関西花の寺第12番
4)庭園虚空園:荒木芳邦の作
5)アジサイ、ボタン、シャクナゲ、紅葉など

画像
                    <重文>楼門

画像
                    <重文>楼門

画像
                        境内

画像
                        参道

画像
                      カヤの老木

画像
                        鐘楼

画像
                        本堂

画像
                        本坊

画像
                       御影堂

画像
                      三十三所堂

画像
                       行基像

画像
                       虚空園

画像
                       虚空園

画像
                       虚空園

画像
                        参道

画像
                     舎利殿涅槃堂

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

久安寺(大阪府池田市) 住職の努力で変貌する花の寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる