お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 円通寺(栃木県益子町) 学問所として隆盛した寺

<<   作成日時 : 2008/05/21 21:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

円通寺は1402年良栄上人によって開創され、大沢文庫を設け、学問所として
多くの僧を育成し、大いに隆盛したが、明治時代になり衰退した。
その後、住職の努力あって今日まで回復してきた。

(1)寺名:円通寺 (2)住所:栃木県益子町大沢1770
(3)山号:大沢山 (4)宗派:浄土宗(名越派) (5)開山:良栄上人
(6)開創:1402年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)主な伽藍
  表門:重文 1402年 銅板葺
  一切経塔:県指定文化財 1809年
  本堂、観音堂
2)その他県指定文化財
  銅造阿弥陀三尊像:鎌倉時代末期
  良栄上人坐像:1695年
  阿弥陀如来座像など多数
3)大沢文庫:1402年設立 足利学校などと並ぶ隆盛

画像
                   <重文>表門

画像
                   <重文>表門

画像
                       山門

画像
                       本堂

画像
                      陶製香炉

画像
                       観音堂

画像
                      一切経塔

画像
                      一切経塔

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

円通寺(栃木県益子町) 学問所として隆盛した寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる