お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 瑞聖寺(東京都港区) 江戸で最初の黄檗宗寺院

<<   作成日時 : 2008/05/21 12:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

地下鉄白金台駅を降りてすぐ、目黒通に面した参道を入ると冠木門の
裏門が見える。

瑞聖寺は1670年江戸で最初に開創された黄檗宗のお寺で、江戸黄檗宗の
総元締めとして隆盛をみたが、何度かの火災にあい浮き沈みを経ている。

重要文化財に指定されている大雄宝殿は1757年の再建で、本格的な
黄檗宗様式のお堂である。

なお、現在は黄檗宗から離れて単立寺院となっている。

(1)寺名:瑞聖寺(ずいしょうじ) (2)住所:東京都港区白金台3−21−19
(3)山号:紫雲山 (4)宗派:黄檗宗系単立
(5)開山:木庵禅師 (6)開基:青木重兼(摂津麻田藩藩主)
(7)開創:1670年 (8)本尊:釈迦牟尼
(9)大雄宝殿:重要文化財 1757年 現在、山門となっている通用門も
         付帯として重文に指定

画像
              <重文>山門(通用門を移築)

画像
                  境内から見た山門

画像
                  <重文>大雄宝殿

画像
                  <重文>大雄宝殿

画像
                       雲版

画像
                       魚板

画像
                   目黒通からの参道

画像
                     子育地蔵尊

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

瑞聖寺(東京都港区) 江戸で最初の黄檗宗寺院 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる