お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 曼荼羅寺、出釋迦寺(香川県善通寺市) 四国八十八ヶ所霊場第72番、73番

<<   作成日時 : 2008/05/11 21:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

曼荼羅寺は弘法大師空海の祖先佐伯氏の氏寺として開創されたと
伝えられています。空海が唐から請来した曼荼羅を、母の菩提を
弔うために安置し、曼荼羅寺と改名したと伝わっている。

出釋迦寺の奥の院<捨身ヶ嶽禅定>は、空海が7歳の時、願をかけて
身を投げると釈迦と天女が現れて身を受けとめたと伝えられている
聖地である。

<曼荼羅寺(まんだらじ)>

(1)住所:香川県善通寺市吉原町1380−1 (2)山号:我拝師山
(3)宗派:真言宗善通寺派 (4)開基:弘法大師 (5)開創:596年
(6)本尊:大日如来
(7)その他
1)不老の松:県指定記念物 しかし、2002年に枯死
        その幹に弘法大師を掘って奉っている。(笠松大師)
2)西行が近くで、2年ほど住んだと伝えられている。
3)聖観音立像:県指定文化財

<出釋迦寺(しゅっしゃかじ)>

(1)住所:香川県善通寺市吉原町1091 (2)山号:我拝師山
(3)宗派:真言宗御室派 (4)開基:弘法大師空海
(5)開創:不詳 (6)本尊:釈迦如来
(7)奥の院:寺から1.5kmほど 徒歩

<曼荼羅寺の写真>

画像
                      仁王門

画像
                       境内

画像
                       本堂

画像
                      大師堂

画像
                  弘法大師像(笠松大師)

<出釋迦寺の写真>

画像
                       本堂

画像
                      大師堂

画像
                 弘法大師像(求聞持大師)

画像
                      虚空蔵堂

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

曼荼羅寺、出釋迦寺(香川県善通寺市) 四国八十八ヶ所霊場第72番、73番 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる