お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 多田寺、萬徳寺、圓照寺(福井県小浜市) 多田薬師と<名勝>庭園

<<   作成日時 : 2008/05/09 20:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

多田寺も萬徳寺も二度目の訪れであるが、今回は両寺とも伽藍の修理中で
ゆっくり参拝できずに終わった。

多田寺の本尊薬師如来は眼病平癒の仏様として、日本三大薬師に
数えられている。<日本三大薬師には諸説あり>
そのお顔は、脇侍の十一面観音と同様の特異なお顔で、平安時代初期の
地元の仏師による仏像と考えられている。
残念ながら写真は掲載できないが、一度お会いすると忘れられない仏様である。

萬徳寺の庭園は国指定の名勝で、四季を通じて見ごたえのある築山枯山水
と白砂が書院の佇まいとマッチし、人気が高い。
今回はその書院などが修理中(秋には完了)でゆっくり拝観できず、秋の紅葉に
再度訪れようと思う。

圓照寺の大日如来は像高252cmと大きい仏様であり、平等院の阿弥陀如来
とよく似た定朝様造りである。
庭園は江戸時代初期に作られた池泉回遊式の庭園で、モリアオガエルが
生息しているらしい。

<若狭のお寺クリック参照>

<多田寺>

(1)住所:福井県小浜市多田25−15−1 (2)山号:石照山
(3)宗派:高野山真言宗 (4)開山:勝行上人 (5)開創:749年
(6)本尊:薬師如来
(7)その他
1)重文仏像
  本尊薬師如来立像:平安時代初期 像高193cm
  十一面観音立像:平安時代初期 154cm
  菩薩立像:平安時代初期 144cm

<萬徳寺>

(1)住所:福井県小浜市金屋74−23 (2)山号:延宝山
(3)宗派:高野山真言宗 (4)開創:1265年(極楽寺として)
(5)萬徳寺と改名:1602年 (6)本尊:阿弥陀如来座像
(7)その他
1)本尊阿弥陀如来座像:重文 11世紀初め 130cm
2)若狭の駆け込み寺であった
3)書院庭園:国指定名勝 1677年 蓬莱式枯山水
4)ヤマモミジ:天然記念物 
5)五色椿

<圓照寺(えんしょうじ)>

(1)住所:福井県小浜市尾崎22−15 (2)山号:地久山
(3)宗派:臨済宗南禅寺派 (4)開創:不詳 (5)中興:1612年
(6)本尊:釈迦牟尼
(7)その他
1)重文仏像
  大日如来坐像:12世紀 252cm 定朝様
  不動明王立像:藤原時代 160cm
2)庭園:江戸時代初期作 県指定名勝 モリアオガエル生息

<多田寺の写真>

画像
                      山門

画像
                   山門の長ワラジ

画像
                 本堂から山門を見る

画像
                      本堂

<萬徳寺の写真>

画像
                      庭園
                <高所にヤマモミジ>

画像
                      庭園
             <修理中の鐘楼の左に五色椿>

画像
                      本堂

<圓照寺の写真>

画像
                    参道入り口

画像
                      本堂

画像
                   大日堂(座禅堂)

画像
                      庭園

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

多田寺、萬徳寺、圓照寺(福井県小浜市) 多田薬師と<名勝>庭園 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる