お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 金山寺(岡山県岡山市)

<<   作成日時 : 2008/04/05 14:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

現在、岡山県で会陽(えよう)と呼ばれる裸祭りが行われているのは、
西大寺(岡山市)、金山寺(岡山市)、安養寺(美作町)の三ヵ所であるが、
かっては他でも行われていた。
金山寺会陽は2月第1土曜日に行われる。

金山寺の伽藍は山裾から山へと続き、一番上に三重塔が建っている。
周りには小さな集落があるが、山寺の風景をとどめている。

(1)寺名:金山寺(きんざんじ) (2)住所:岡山県岡山市金山寺481
(3)山号:銘金山 (4)宗派:天台宗
(5)開基:報恩大師 (6)開創:749年 (7)本尊:千手観音
(8)その他
1)主な伽藍
  本堂:重文 1575年
  護摩堂:県指定文化財 1575年
  三重塔:県指定文化財 1788年
2)金山寺文書:重文
3)会陽:第1土曜日
4)阿弥陀如来坐像:県指定文化財 頬焼弥陀

画像

                       遠景

画像

                      仁王門

画像

                    護摩堂(修理中)

画像

                       本坊

画像

                       本堂

画像

                      三重塔

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

金山寺(岡山県岡山市) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる