お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 慧日寺(兵庫県丹波市) 恐竜化石発見で沸く山南町の古刹

<<   作成日時 : 2008/04/29 12:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2006年8月7日篠山川の川床から恐竜の化石が発見され、一躍脚光
を浴びている丹波市山南町にある禅宗の古刹慧日寺は化石発見現場から
西3kmほどにある。

発見された恐竜はティタノサウルス形類で、丸々一頭分の化石が
発掘される可能性が高く大いに期待されている。
なお、この恐竜は<丹波恐竜>と命名されている。

慧日寺は丹波における禅宗の中心的なお寺であり、山南三山の
ひとつに数えられている。
<山南三山:慧日寺、石龕寺、常勝寺>
檜皮葺・茅葺の伽藍が山裾に並ぶ風景は一服の絵である。

(1)寺名:慧日寺(えにちじ) (2)住所:兵庫県丹波市山南町太田127−1
(3)山号:萬松山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派 (5)開山:特峯禅師
(6)開基:細川頼之 (7)開創:1375年 (8)本尊:釈迦牟尼
(9)その他
1)丹波の禅宗の中心として存在したお寺
2)山南三山
3)仏殿:県指定文化財 1702年 檜皮葺
4)方丈・庫裡:茅葺
5)不老長寿伝説の八百姫の髪塚
6)精進料理

画像

                     恐竜化石発掘現場

画像

                     恐竜化石発掘現場
              <冬場だけ発掘するためセメントで一部封鎖してある>

画像

                      恐竜化石説明板

画像
                      参道

画像
                      参道

画像
                      山門

画像
                      境内

画像
                      仏殿

画像
                      方丈

画像
                      鐘楼

画像
                    八百姫の髪塚

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

慧日寺(兵庫県丹波市) 恐竜化石発見で沸く山南町の古刹 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる