お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 太寧寺、大国寺(兵庫県篠山市) 丹波篠山の古刹

<<   作成日時 : 2008/04/29 10:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

丹波の篠山はボタン鍋・丹波焼のやきもの・<デカンショ節>発祥の地などが浮かんで
くるが、篠山城を中心とした城下町でもあった。

<太寧寺(たいねいじ)> 殿様椿

(1)住所:兵庫県篠山市奥畑193 (2)山号:神護山 (3)宗派:曹洞宗
(4)開山:惟忠守勤 (5)開基:細川持春 (6)開創:1443年 (7)本尊:聖観音
(8)その他
1)篠山城の鬼門を護るお寺
2)初代城主の松井松平康重の娘の墓や康重が植えた椿<殿様椿>
3)タラヨウの木:樹齢400年 本堂裏にある

<大国寺(だいこくじ)> 篠山の文化財宝庫

(1)住所:兵庫県篠山市味間奥162 (2)山号:安泰山
(3)宗派:天台宗 (4)開山:空鉢仙人 (5)開創:645〜649年
(6)本尊:薬師如来
(7)その他
1)本堂:重要文化財 南北朝時代 茅葺形銅板葺
2)重要文化財仏像
  大日如来坐像(薬師如来坐像):藤原時代 薬壷を持つ 像高130cm
  大日如来坐像:藤原時代 像高117cm
  阿弥陀如来座像:藤原時代 像高89cm
  増長天立像:藤原時代 像高158cm
  持国天立像:藤原時代 像高154cm
3)丹波茶まつり:6月初旬
4)紅葉

<太寧寺の写真>

画像
                      参道

画像
                     名残の桜

画像
                      殿様椿

画像
                      本堂

画像
                     お地蔵さん

画像
                      鐘楼

<大国寺の写真>

画像
                      参道

画像
                    <重文>本堂

画像
                    <重文>本堂

画像
                      豆地蔵

画像
                      鐘楼

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

太寧寺、大国寺(兵庫県篠山市) 丹波篠山の古刹 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる