お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 東観音寺(愛知県豊橋市) 豊橋最古の木造建築<重文>多宝塔

<<   作成日時 : 2008/04/22 12:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

豊橋市には国指定の重要文化財建造物は2件あり、ひとつが
東観音寺の多宝塔、もうひとつが2008年4月に指定されたばかりの
豊橋ハリストス正教会聖堂である。
豊橋市では101年ぶりの誕生とのこと。
多宝塔は形姿とも優れた名塔に属する。

お寺の多宝塔参照

愛知県のお寺クリック参照

(1)寺名:東観音寺(とうかんのんじ) (2)住所:愛知県豊橋市小松原町坪尻14
(3)山号:小松原山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派 (5)開基:行基
(6)開創:733年 (7)本尊:馬頭観音
(8)その他
1)重要文化財
  多宝塔:1528年 高さ12m
  懸仏馬頭観音坐像:1271年
  阿弥陀如来座像:鎌倉時代初期

画像
                        山門

画像
                        境内

画像
                     <重文>多宝塔

画像
                        本堂

画像
                        方丈

画像
                  <重文>豊橋ハリストス正教会聖堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

東観音寺(愛知県豊橋市) 豊橋最古の木造建築<重文>多宝塔 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる